06-7165-0835

受付時間9:00〜18:00(土日祝休)

green procurement

中国の炭素取引市場

2017年12月18日、国家開発改革委員会は「国家炭素排出量取引市場建設計画(発電産業)」を発行し、炭素排出量取引システムを正式に立ち上げ、国別排出量取引システムのロードマップを策定しました。 ETSロードマップには、インフラ開発とシミュレーション取引の2つの段階があります。インフラストラクチャ構築フェーズは約1年続き、中国のETSの法的根拠と市場サポートシステム(取引プラットフォーム、登録システム、データレポートシステムなど)の完成に重点を置いています。次のフェーズは1年間続くと予想され、電力セクターはスポット市場の助けを借りてシミュレーション取引に参加します。したがって、シミュレーションフェーズの結果に基づいて、排出量取引システムは、航空、建設資材、化学薬品、鉄鋼、非鉄金属、パルプおよび紙、石油化学製品など、他の7つの分野に徐々に拡大する必要があります。いったん運用が開始されると、中国は世界最大の炭素市場を持つと予想され、世界の炭素排出への影響も巨大で、世界の温室効果ガス排出の5%以上をカバーしています。 2011年以降、7つの炭素取引パイロットが北京、天津、上海、重慶、広東、湖北、深センで開始されました。 7つのパイロットの立ち上げ以来、炭素取引市場は非常に活発であり、2017年12月31日現在、7つの省と都市のパイロット炭素市場と福建の炭素市場割当量の累計取引量は1億8500万トンでした。

2019年の中国の炭素取引量
Pilots試点 2019Year

2019年

Changes 2018-2019

2018-2019年増減

Volume(Mt)

取引量(百万トン)

Value(€Million)

価値(百万ユーロ)

Average(€/t)

平均価格(ユーロ/トン)

Volume

取引量

Value

価値

Price

価格

Guangdong広東 45.38 111.05 2.45 60.0% 141.7% 51.0%
Shenzhen深セン 14.55 19.05 1.31 13.7% -51.3% -57.2%
Hubei湖北 12.49 43.40 3.47 12.9% 40.7% 24.7%
Beijing北京 7.07 55.25 7.81 -20.8% 24.2% 56.9%
Shanghai上海 6.89 29.47 4.28 13.9% 27.1% 51.5%
Fujian福建 4.07 8.93 2.20 38.5% 38.4% -1.5%
Chongqing重慶 1.27 2.68 2.12 369.8% 1654.4% 273.4%
Tianjin天津 1.13 2.06 1.82 -50.6% -40.4% 20.5%
Tlotal総計 92.85 271.89 2.93 27.7% 40.3% 40.3%
GPEX's carbon trading model

日本の顧客代理店向けの中国からの二酸化炭素排出権の調達